<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 富山ツアー ホテルぅ | Main | 1泊で富山へ行ったどぉ〜 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 やっと・・・ゲレンデへ移動できることになりました・・・。

ゲレンデでの綺麗な写真たちでも・・・


どうぞっ!

かなり晴れまくりだったのが
山頂付近を見たら分かりますかね 



午前中は、今シーズン初ってメンバーも居たので
ふもと附近のコースを数本滑りまして・・・

かなりユキシツが良かったので
あまり休憩せずに滑りまくりの結果・・・

私には体力の限界が見え始めたので

早めに(11:40ごろ)昼食を取ることにしました


こちら・・・ランチのラーメンでございますぅ〜
シンプルですが味はかなり私好みで良かったですわよ

何よりも・・・
ここは、レストランなるものが沢山ありまして。
ふもとだけではなく、途中や山頂付近にも点在。
なので・・・。

待つってことが何か?ってな感じなくらい。
普通に通りすがりにお店に入ってご飯たべました
って感じでした。

久しぶりですわよぉ〜
こんなに待つとか並ぶとかのストレスがないツアーは


ランチの後もあまり長く休憩をせずに


途中のレストハウス
「パラダイス食堂」だそうなっ
※ラーメンはここではないです

ここはナイターがそのまま休憩なしでOPENするんですけど
ナイターは16:30〜

私達は日券しかもってないので、ナイターになると
チケット買ったり、レンタルの延長したりで・・・
体力との相談ということで、ギリギリまでは
いろんな斜面に挑んでました。


山頂付近では、こんな樹氷がいっぱいです


メンバはまだ初級のボーダーさんだったはずですが。
この日の午前中ですっかりターン(しかも両方)をほぼマスターしてまして。
急斜面でも挑むチャレンジャーレディなんですよ

私の方が急斜面の圧雪されてないところで埋もりまして。
逆さに逆Vの字で。
板が抜けません・・・久々にメンバを待たせて・・・応援されました
いやいや・・・基礎体力はやっぱり必要ですわ。

そんなメンバだった今回はかなりペースが速くて
疲れ方も半端なかったのは私だけではなかったみたいでした。

ナイターギリギリの時点で、リフトに無理やり乗り込み
パトセンにあおられながらの下山。
まぁ〜
それが今回の最後の1本になってしまいました。

気分てきにはナイターにいきたかったけどなぁ〜
私の身体は悲鳴をあげてましたので。
他のメンバも気持ちと身体が反比例って答えでしたので。

ケガをしないのが一番ですからね。
また次ってのが考えられる選択をしましたです


最後の最後に・・・ホテルに電話をして
「お迎えに来てください」と

5分もせずに到着してくれましたよ。
私達のためだけの送迎でございましたぁ

| お遊びイベント | 22:34 | comments(0) | - | pookmark |
| - | 22:34 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT