<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1泊で富山へ行ったどぉ〜 | Main | 生きてますよ^^ >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 暗い話になってしまうので、苦手な方はスルーしてやってくださいまし。

 2009年5月19日 21:40ごろ

6歳1ヶ月で天国に旅立ってしまったんです。

わが家の大事な家族の一員であった
ニャンコの『りん』ちゃんが・・・

原因は、腎不全を発症してしまい、入院をしたのですが、
腎臓の数値は回復傾向だったのに、
治療に耐えられなかったのか、わかりませんが・・・
心筋症を併発してしまい・・・

5日間入院生活をさせてしまったんですが。
元気に退院できるくらいの状態だったのですが。
5日目に急変してしまい。

退院をして自宅で好きにさせてあげてくださいとの事。

そこから1日半・・・

べったりと付き添い、
とにかくつらそうな「りん」をずっと見てるしかできませんでした。

抱き上げることも心臓発作のきっかけになりかねないとの事で
そっと撫でるしかできませんでした。

心臓のお薬を頂いていて、それを飲むことが出来たら
助けられるとのこと!

エゴかもしれないとも思いながらも飲ませましたが

「りん」には、合わなかったようでした。
泡を吹いて苦しくて暴れてしまいました。

2日目に薬をあげるのが、怖くて先生に電話で確認とかもしたりしましたけど
手段がないとのこと

悩んで悩んで、とにかく悩んで
夜にお薬を母と一緒に強引に飲ませてしまいました

その、合わないお薬を飲ませた
そのきっかけで心臓発作を起こしてしまったんです。
そのまま旅立ちました。


とにかく。

自分のせいだと責めるしかなくて。
泣いて、叫んで、名前呼んで、心臓マッサージをして・・・

あれからもうすぐ4ヶ月になろうとしてますが

この記事を書くのにこんなにも時間がかかりました
今もなかなか整理がつかない状態です。

でも、彼女が私たちと一緒に過ごしたあの日々は実際にあったんですし
彼女が長生きできなかったのは、何かを伝えるためかもしれない。
そう言い聞かせて・・・
彼女は、私たちを苦しめるためにわが家に来たわけではないのですから。
楽しかった、可愛かった、癒された・・・

あの日々を思い出して、笑顔で過ごしていき続けるのが使命かとも。

活字にはしきれない思いや事実ってのがあるのですが。
細かく思い出すのは、今の私にはできないです。
現実は受け止めてますが、消化しきれてないんですね。
涙か溢れてしょうがないです。

毎日、お線香とお水をあげて、その日の報告を夫婦でしております。

先日2歳を迎えた後輩ニャンコが1匹おります。
カレのためにも病気になりにくい環境をもっと考えて共存しなければですね。

これからも救える命があるならば、我が家に迎えたい気持ちが
何となく思えるようになりました。
「りん」や「みゅぅ」のように「このままでは・・・」って子を助けたいです。


こんな出来事があり・・・

その後、ずっと沈んでいるわけには行かない状況が続いて・・・。
表情や感情には出さずに、自分の中だけに納めて過ごしております。

1週間誰とも口をきかず、声も出した覚えがないとかの日々も続いてました。

見かねて、外に連れ出してくれたりしてくれた仲間に感謝です。
7月には夫婦で「りん」の形見を私がいつも持っているので
今まで留守番をさせていたので、一緒に旅に出かけるという気持ちで
二人旅もしてきました。
思い出すたびに二人で形見に話しかけ、泣いてましたけどね。

人によっては「たかがペットが死んだくらいで」って思われたり・・・するんでしょうが。

人によっては「大事なペットが亡くなったのに何が旅だ!」・・・って思うでしょうが。

私たち二人のスタイルで、「りん」の死を受け止め、乗り越えのやり方です。

最後まで読んでくださった方・・・ありがとうございました。
暗い話だったのに。ありがとうございます。

最後に・・・

読まれるかどうかわかりませんが。
「りん」との出会いをさせてくれた親友へ
なかなか伝える事ができなかったことをお詫びします。
いの一番に連絡すべきだったのですが、主人から連絡をすると言ってくれたので
私からの連絡をしないままでした。
声に出すのがまだ怖いですけども。
一番つらい時期は乗り越えられたので。ご報告をこういう形式でさせていただきました。
姉妹の「こうめ」は元気ですか?
「りん」の分も長く生きて欲しいですね。
「りん」との出会いで本当に助けられて教えられました。

ありがとうございました
| - | 20:58 | comments(1) | - | pookmark |
| - | 20:58 | - | - | pookmark |
COMMENT
ご無沙汰してます。
我が家(実家)にも猫がおりまして、現在居るのは2代目。
初代は、13年もの間、我が家に幸せをもたらしてくれました。
長年連れ添っただけに、最後を迎えた時はとてもショックでした。
一番可愛がっていた母は、なかなかショックから立ち直れませんでした。
それだけに、すずゆうさんの気持ち、すごくわかりますよ。
| まつひろ | 2009/10/22 11:05 AM |
ADD YOUR COMMENT